Rakuten infoseek

辞書

エニウェトク環礁【エニウェトクかんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エニウェトク環礁
エニウェトクかんしょう
Enewetak Atoll
西太平洋,マーシャル諸島北西部にある環礁。別綴 Eniwetok。円形で外周は 80km,直径 37kmの礁湖とそれを囲む 40の小島からなる。1944年アメリカ海軍基地。1948,1951,1952,1954,1956年にビキニ環礁とともに核実験場になり(→水素爆弾),住民は退去させられた。アメリカ合衆国が汚染された表土を入れ換え,1980年に安全を宣言し住民の帰還を認めたが,その後植えられた作物が残存放射能にひどく汚染されていたことがわかり,再び退去せざるをえなかった。1986年マーシャル諸島領。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エニウェトク‐かんしょう〔‐クワンセウ〕【エニウェトク環礁】
Eniwetok》太平洋中西部、マーシャル諸島共和国北西部の環礁ラリック諸島北部に位置する。1948年から1962年にかけて、ビキニ環礁とともに米国の核実験場とされた。1952年には世界初の水爆実験が行われ、北端のエルゲラブ島が消滅。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エニウェトクかんしょう【エニウェトク環礁 Eniwetok Atoll】
太平洋中西部,マーシャル諸島北西部の環礁。太平洋戦争前は日本の委任統治領で,戦後,アメリカの国連信託統治領となった。アメリカは1946年にすぐ隣のビキニ環礁で原爆実験を始めたのについで,48年からこの環礁でも原爆実験を行い,54年には初の水爆実験を行った。原水爆の実験場になったのに伴い,住民はウジェラン環礁へ強制移住させられた。【石森 秀三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エニウェトクかんしょう【エニウェトク環礁】
マーシャル諸島共和国北西部のエニウェトク島にある環礁。1947年以来、アメリカ合衆国の原水爆の実験場になった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エニウェトク環礁
えにうぇとくかんしょう
Eniwetok Atoll
太平洋中西部、マーシャル共和国に属する環礁。エニウェトク島ともいい、旧名ブラウンBrown島。周囲37キロメートルのラグーン(礁湖)を囲んで標高2~4メートルの約40の小島からなる。第二次世界大戦前は日本の委任統治領であったが、1944年アメリカ軍に占領された。1947年からアメリカの信託統治領となり、86年独立。1948年以後、その東方のビキニ環礁とともにアメリカの核爆発実験場となり、そのために全住民はその南にあるウジェランUjelang島に移住させられていたが、1980年に帰島した。人口853(1999)。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エニウェトク環礁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エニウェトク環礁の関連情報

他サービスで検索

「エニウェトク環礁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.