Rakuten infoseek

辞書

エドワード[懺悔王]【エドワード】

世界大百科事典 第2版

エドワード[懺悔王]【Edward the Confessor】
1003?‐66
ウェセックス王家最後のイングランド王。在位1042‐66年。エセルレッド2世の子。デーン王朝のクヌット2世に追われて幼時にノルマンディーに亡命して成人。1042年デーン王朝の断絶とともに帰国,即位した。ウェストミンスター・アベーを建立するなど敬虔で〈懺悔王〉の異名もあったが,政治的能力を欠き治世中しばしば混乱が生じた。嗣子がいなかったので死後王位の争いがおこり,ノルマンディー公ウィリアムの侵入を招いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エドワード[懺悔王]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エドワード[懺悔王]の関連情報

他サービスで検索

「エドワード[懺悔王]」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.