Rakuten infoseek

辞書

エドウィン・ハワード アームストロング

20世紀西洋人名事典

エドウィン・ハワード アームストロング
Edwin Haward Armstrong


1890.12.18 - 1954.2.1
米国の電子工学技術者。
元・コロンビア大学教授。
ニューヨーク生まれ。
大学でピューピンに学ぶ。1914年三極真空管を使用した再生発振回路を考案し、今日の無線通信の繁栄の礎を築く。第一次大戦中は軍用通信のためにスーパーヘテロダイン方式を発明してラジオ受信機の機能を著しく高めた。’34年母校コロンビア大学の教授となる。’39年にはFM方式を発明する。無線通信技術史上最大の発明家であり、発明の特許をめぐるド・フォレストとの20年間にわたる訴訟も有名。エジソン賞やフランクリン・メダルを授与され獲得特許は42件に及ぶが、’54年FMの実用化をめぐる法廷闘争に疲れ自殺。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エドウィン・ハワード アームストロング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エドウィン・ハワード アームストロングの関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミー[各個指定]工芸技術部門トルンカ新藤兼人溝口健二社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズ

他サービスで検索

「エドウィン・ハワード アームストロング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.