Rakuten infoseek

辞書

エトルリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エトルリア
Etruria
小アジアのリュディアに発したとも,先住民ともされるエトルリア人の居住した地域。チレニア海に面した中央イタリアの北部に位置し,北はアルノ川,南はテベレ川,東はアペニン山脈に区切られた地域の総称で,現在のトスカナ地方の北部を除いた地域に相当し,ラツィオおよびウンブリア地方の一部を含んでいる。ローマ人はツスキア Tuscia (トスカナはこれに由来する) と呼び,ギリシア人はチュレーニア Tyrrhenia (チレニア海はこれに由来する) と呼んだ。前7~6世紀にかけて繁栄し,ローマに大きな影響を与えたが前5世紀以後衰え,のちローマ領となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エトルリア(Etruria)
イタリア中部、トスカーナ地方の古称壁画や壺(つぼ)などの美術品エトルリア美術)が残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

エトルリア
イタリア、スティピュラ社の万年筆ボールペンの商品名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エトルリア【Etruria】
イタリア中央部のティレニア海側,テベレ川とアルノ川の間の地方の古名。鉱物(銅,鉛,鉄,銀)と肥沃な耕地に恵まれ,前1世紀初頭ローマに併合されるまでエトルリア人の活動の本拠地であった。エトルリア人はラセンナ(ラスナ)と自称し,ラテン語でエトルスキ(トゥスキ),ギリシア語テュルセノイ(テュレノイ)と称され,ギリシア文化を範とした独自の文化を発展させて,前7,前6世紀に最盛期を迎え,ローマ人を含む他の古代イタリア諸民族に大きな影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エトルリア【Etruria】
イタリア中西部の古名。現在のトスカーナ州とウンブリア州の一部の地域。エトルリア人は紀元前八世紀頃から、建築・青銅器などにエトルリア(エトルスク)美術と呼ばれるすぐれた作品を残した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エトルリア
えとるりあ
Etruria
イタリア中央部、ティレニア海、アルノ川、テベレ川、アペニン山脈に囲まれた地方の古名。だいたい現在のトスカナ地方にあたり、古代ローマ以前はエトルリア人の本拠地で、墓など数多くの遺跡が残る。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エトルリア
(Etruria) イタリア中部、古代にエトルリア人の住んだ地域で、現在のトスカーナ地方にあたる。一二の都市による宗教的同盟からなり、紀元前六世紀頃最も繁栄。紀元前三世紀頃ローマに征服された。ティレニア。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エトルリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エトルリアの関連情報

他サービスで検索

「エトルリア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.