Rakuten infoseek

辞書

エディソン効果

法則の辞典

エディソン効果【Edison effect】
白熱電球の中に金属板(プレート)をおき,フィラメントに対して正の電圧を印加すると,プレートからフィラメントへ電流が流れる.つまりフィラメントから熱電子が放出されて真空を通じてプレートへ移動する.これは1883年にトーマス・アルヴァ・エディソンの発見になるが.以後の熱電子放出の研究の始まりである.真空管の開発もこれをもとになされた.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エディソン効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エディソン効果の関連情報

他サービスで検索

「エディソン効果」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.