Rakuten infoseek

辞書

エズナ遺跡【エズナいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エズナ遺跡
エズナいせき
Edzná
メキシコのカンペチェ市南東部にあるマヤ古典期後期 (600~900) の大都市遺跡。中枢部には5階建ての宮殿式ピラミッドがあり,その頂部に神殿が設けられている。都市は祭祀センターと居住区域に大別され,古典期時代の都市計画の伝統を保っていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エズナ‐いせき〔‐ヰセキ〕【エズナ遺跡】
Edzná》メキシコ東部、ユカタン半島西部の都市、カンペチェの南東約50キロメートルにあるマヤ文明の遺跡。マヤ古典期の遺跡で、5層の神殿などプウク様式と呼ばれる複雑なモザイク装飾が見られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

エズナいせき【エズナ遺跡】
メキシコのメキシコ湾に面するかつての要塞都市カンペチェにある遺跡。カンペチェの南東50kmに位置し、紀元前3世紀~紀元後2世紀ごろのマヤ古典期の遺跡である。遺跡の中央には高さ30mの5層のピラミッドが残り、中央にある階段で頂上の神殿まで登れる。壁面はこの時代の特徴である、蛇やジャガーの彫刻で飾られている。◇「エズナ」はマヤ語で「しかめ面の家」という意味で、寺院の頂を飾っているマスクに由来する。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エズナ遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エズナ遺跡の関連情報

他サービスで検索

「エズナ遺跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.