Rakuten infoseek

辞書

エジンバラ城【エジンバラジョウ】

デジタル大辞泉

エジンバラ‐じょう〔‐ジヤウ〕【エジンバラ城】
Edinburgh Castle》英国スコットランドの都市エジンバラにある城。旧市街中心部に聳(そび)えるキャッスルロックという岩山の上に建つ。イングランドとの攻防の舞台となり、幾度となく破壊と再建が繰り返された。現存する最古の建物は12世紀初期のセントマーガレット礼拝堂。ほかに16世紀のグレートホール、宮殿だったキングズロッジング、スコットランド王家の宝器を展示するクラウンルームなどがある。1995年、この城がある旧市街は、新市街とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。エディンバラ城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

エジンバラ城
スコットランド動乱の歴史を語る断崖の城、エジンバラ城。城内に残る最も古い建物であるセント・マーガレット礼拝堂や、城正面を守る堂々たるフォア・ウェル、城の中心部パレスなど数多くの見どころがあります。なかでもパレスの内部は戦争記念館、重厚な時計台、王族の居間、悲劇の女王として知られるメアリの部屋と、興味深いスポットが続きます。エジンバラは「近代のアテネ」とも呼ばれており、周りの自然と街並みがよく調和した町。建築史上または歴史上、貴重とされる建築物の数が16,000にも上るといわれています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

えじんばらじょう【エジンバラ城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エジンバラ城
えじんばらじょう
Edinburgh Castle
イギリス、旧スコットランド王国の首都エジンバラにある王城。断崖(だんがい)絶壁に囲まれた岩山に位置し、どこから眺めても古城らしい厳しい風格を備えている。この岩山は遠い昔から城塞(じょうさい)として使われてきたらしいが、記録に現れるのは11世紀後半のマルコム3世(マクベスに殺されたダンカン王の子)の時代からである。スコットランド王家と貴族たちの内紛や、イングランドとの抗争のたびに、この城は血なまぐさい謀殺の場や攻囲の的になった。本丸に相当する部分に簡素な王宮(15世紀)があり、悲劇的な生涯を送ったスコットランド女王メアリーの居室などがある。王宮に隣接する大ホール(16世紀初め)もまた多くの歴史的事件の舞台になったところで、現在では武器や甲冑(かっちゅう)が展示されている。モンス・メグという巨砲(15世紀)もこの城の名物。なお、エジンバラ城のあるエジンバラ旧市街は1995年、新市街とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[紅山雪夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エジンバラ城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エジンバラ城の関連情報

関連キーワード

チェンバーズエディンバラ城相葉ゆきこエディンバラエディンバラの旧市街と新市街エリザベス[2世]ウォルター-スコットの家エディンバラ城カールトンヒルシャーロットスクエア

他サービスで検索

「エジンバラ城」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.