Rakuten infoseek

辞書

エゴマ(荏胡麻)【エゴマ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エゴマ(荏胡麻)
エゴマ
Perilla frutescens var. japonica
シソ科の一年草で,東南アジア原産。シソ P. frutescens var. crispaとは同一種内の変種関係とされる。外形もアオジソに似ているが,やや大型で高さ 1mに達し,茎も太く,また茎に白い毛が目立つ。植物体全体に特有の臭気があるが,シソの香りとはかなり違い,人によっては不快臭とされる。花穂はシソに比べて短く,花が密集し,萼はやや大きい。花冠は白くわずかに紫色を帯びる。種子に油を含み,しぼって「荏の油」をとる。この油は食用にはならないが乾性油で桐油と同様油紙やから傘などに用い,また照明用の灯油に使われたこともある。この用途のため古く中国を経て日本に伝えられ,現在でもときに栽培されるが,山の中の湿地などに野生化していることもある。同じく本種と同一種内の別変種とされるものにレモンエゴマ P. frutescens var. citriodoraがあり,これは本州,四国,九州などの山地に自生している。やはりシソに似て角張った茎と対生する葉をもち,全草がレモンに似た香りをもつ。葉質は薄く両面,特に脈上に毛があり,裏面には腺点がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エゴマ【エゴマ(荏胡麻) perilla】
シソ科の一年草で,植物学上はシソの変種とされる(イラスト)。エ(荏)あるいはジュウネン(十稔)ともよばれる。茎は高さ約1mになり,横断面は四角形をしている。シソによく似ているが,葉はシソよりもやや大ぶりで,色はふつう緑色である。茎葉には白い毛がある。秋に茎頂と葉腋(ようえき)から多数の花を穂状に咲かせる。花は唇形で,上唇は浅く3裂して上方にそり返り,下唇は深く2裂して内に曲がる。花色は白色。4本のおしべと1本のめしべがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エゴマ(荏胡麻)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エゴマ(荏胡麻)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.