Rakuten infoseek

辞書

エクマン境界層

法則の辞典

エクマン境界層【Ekman boundary layer】
接地層によって,地表面摩擦の影響が及ぶ範囲の大気相を指している.層の厚さは陸上では1000mほど,海上では数百mしかない.この層の内部における空気の水平方向の動きは,気圧傾度摩擦力コリオリの力などによって定まる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エクマン境界層
えくまんきょうかいそう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクマン境界層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エクマン境界層の関連情報

他サービスで検索

「エクマン境界層」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.