Rakuten infoseek

辞書

エクイテス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エクイテス
equites
古代ローマの騎士 (階級) 。元来騎馬で軍務に服する者を意味し,セルウィウス・ツリウス制ではパトリキ (貴族) ,プレプス (平民) の 18ケンツリア (百人組) ,計 1800人が定められた。しかし次第に騎兵の戦術的価値が減じ,騎士はむしろ財産区分による階級をさすようになり,第2次ポエニ戦争後,軍事的職能が失われてくると,徴税請負人,金融業者,大商人などが属する階級の総称となっていく。その傾向は前 218年クラウディウス法が元老院議員を商業金融から締出して,騎士と区別したことによって促進され,G.グラックス (→グラックス兄弟 ) が 40万セステルチウスの財産資格を有する階級として,騎士身分を創設したことによって完成した。彼らは高官につかず,徴税請負,公共事業,貿易に従事した。また属州総督の不当取得法廷に介入して,元老院議員階級と抗争した。帝政期以後は帝権の支えとなり,近衛長官,エジプト総督は騎士の最高官職であった。4世紀以後政治的な力を失った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エクイテス【equites[ラテン]】
古代ローマで騎兵,また騎士身分の人をいう。equesの複数形。共和政期の制度では特定額以上の財産を持つ市民(おもに貴族)を騎兵,他の市民を歩兵に登録して軍団を編成した。騎兵は歩兵の上位を占め,民会では優先投票権を得た。前4~前3世紀になると,軍団騎兵の戦力は低下し,平民の騎兵で増強しても実効は得られなかったため,実戦には同盟者の騎兵をあて,制度上の特権と地位を保った。この名目的騎兵として新興の富裕市民,特に海外交易や徴税請負で巨富を得た平民が登録され,前2世紀,元老院議員身分の形成を機に騎士身分が成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エクイテス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エクイテスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.