Rakuten infoseek

辞書

エウメネス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エウメネス
Eumenēs
[生]前362
[没]前316
古代マケドニアの将軍。ギリシア人出身の有能な将軍で,アレクサンドロス3世 (大王) の死後,「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人としてマケドニア王家に忠誠を尽し,摂政ペルディッカスを助けて,アンチゴノス1世プトレマイオス1世ソテルらと戦った。ペルディッカスが部下に殺されたあと,死刑の宣告を受けたが,新摂政ポリュペルコンによって将軍として承認され,キリキアで兵を集めて東進。イラン平原でアンチゴノスと対決したが,敵の奸計によって殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エウメネス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エウメネスの関連情報

関連キーワード

公判前整理手続証拠開示取締役オリュンピアス晋(中国の王朝)ディアドコイ裁判迅速化法エパメイノンダス権利質内部統制システム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.