Rakuten infoseek

辞書

エアトン

デジタル大辞泉

エアトン(William Edward Ayrton)
[1847~1908]英国の電気工学者。1873年(明治6)日本政府の招きで来日し、電気工学の基礎を築くのに寄与。日本最初のアーク灯の点灯に成功。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

エアトン Ayrton, William Edward
1847-1908 イギリスの電気工学者。
1847年9月14日生まれ。明治6年(1873)来日,工学寮(東大工学部の前身)で電信学と物理学をおしえる。11年3月25日日本最初のアーク灯を点灯。その日がのちに電気記念日となった。12年帰国。1908年11月8日死去。61歳。ロンドン出身。ユニバーシティー-カレッジ卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

エアトン【William Edward Ayrton】
1847‐1908
イギリスの物理学者,電気工学者。御雇外国人教師として日本の工学寮電信科(現,東京大学工学部電気工学科)の初代教授を務めた。弁護士の子としてロンドンに生まれ,ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジで学び,さらにグラスゴーでW.トムソン(ロード・ケルビン)に教えを受けた。インド電信社に勤めたのち,1873年から79年まで在日して工部省工学寮で物理学と電信学を講じた。妻マティルダはイギリスでも草分けの女医の一人で,夫とともに来日し,日本で助産婦養成のための学校を開いて教育している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エアトン【William Edward Ayrton】
1847~1908) イギリスの電気工学者。1873~79年(明治6~12)在日。工部大学校(東大工学部の前身)で物理学・電気工学を教え、中央電信局竣工の宴においてアーク灯をともす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エアトン
えあとん
William Edward Ayrton
(1847―1908)
イギリスの電気工学者。ロンドンの名家に生まれ、ロンドン・カレッジを卒業後、グラスゴー大学でケルビン1st Baron Kelvinに師事。1867年インド政府の通信局に勤務ののち、1873年(明治6)日本政府の招請を受けて工部大学校(現在の東京大学工学部)教授となり、1878年6月までの5年間、物理学、電気工学を教え、日本の電気工学の誕生に寄与した。帰国後、電気工学の技術教育にあたり、1884年サウス・ケンジントン大学の電気工学教授となった。また物理学会会長や電気工学会会長なども務めた。日本滞在中の1878年3月25日、グローブ電池50個を使用してアーク灯を点灯。これが日本最初の点灯で、3月25日は「電気記念日」とされている。また、志田林三郎中野初子(なかのはつね)、浅野応輔(あさのおうすけ)、藤岡市助らを育てたほか、イギリスへの留学生送り出しにも多く貢献した。[高橋智子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エアトン
(William Edward Ayrton ウィリアム=エドワード━) イギリスの電気工学者。明治六年(一八七三)日本政府に招かれ来日。以後五年間、工学寮・工部大学校で物理学と電信学を講ずるかたわら、電信事業の企画、施設の指導を行なった。同八年、日本最初のアーク灯を点灯。(一八四七‐一九〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エアトン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エアトンの関連情報

関連キーワード

釣鐘草山人参裏白狐茶袋おもなお雇い外国人ベリンスキーリベリアあかねじ油木

他サービスで検索

「エアトン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.