Rakuten infoseek

辞書

エアデールテリア

デジタル大辞泉

エアデール‐テリア(Airedale terrier)
犬の一品種。英国ヨークシャーのエアデール地方原産。テリア中、最大。嗅覚が鋭く、力も強い。狩猟・愛玩用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

エアデールテリア【Airedale terrier】
イヌの一品種。イギリスのエアデール地方原産。体高60センチメートル 程度。ワイヤ状の上毛と柔らかい下毛とをもつ。猟犬や警察犬・軍用犬として用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エアデールテリア
えあでーるてりあ
Airedale terrier
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、原産地はイギリス。オッターハウンドにアイリッシュテリア、ウェルシュテリア、ラッティングテリアなどの血を混じて作出されたもので、1884年にイギリス・ケネル・クラブで公認された。テリアのなかではもっとも大形で、テリアの王様ともいわれる。怜悧(れいり)で各方面に性能もよく、警察犬としても優れている。また猟犬としても活躍し、ピューマ猟にも用いられた。わが国でもファンがいるものの、現在ドッグショーの出陳頭数はそれほど多くない。断尾しトリミングを施す。体高55~61センチメートル、体重20キログラムぐらい。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エアデール‐テリア
〘名〙 (Airedale terrier) イヌの一品種。テリア種とオッターハウンドの交配種と考えられる。中形で、毛は堅くちぢれている。性質はおとなしく愛玩用、狩猟用。イギリス、ヨークシャー地方のエアデールが原産地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エアデールテリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エアデールテリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.