Rakuten infoseek

辞書

ウーステッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウーステッド
worsted
梳毛織物の一種で,製後,剪毛したものの呼称。この織物の原産地であるイギリスノーフォーク県ウーステッドにちなんで名づけられた。毛して地肌があらわになっているため模様やが比較的はっきりしている。合服や冬服用の背広地としてこれをさらにいくぶん起毛したミルドウーステッドが多く用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウーステッド(worsted)
梳毛糸(そもうし)平織り綾織りなどに織った生地の総称。背広やオーバー用。英国南東部のウーステッドで初めて作られた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウーステッド【worsted】
毛糸(そもうし)で織った毛織物。毛織物を大別すると,この梳毛織物と,紡毛糸で織った紡毛織物(ウールンwoollen)とにわけられる。梳毛は1インチ(2.54cm)以上の長い繊維で,長さ太さの均等な上質の羊毛を使用。短い繊維を省き,撚りをかけて糸にし,番手の細いものを使用して平織,綾織,繻子織などにする。毛織物としては表面が滑らかで,平たくさらりとした風合いをもつ。薄手ながら緻密に織られているため,弾力と張りがあるのが特徴。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウーステッド【worsted】
イギリスのノーフォーク州ウーステッドで初めて作られたことから
経緯たてよこともに梳毛糸そもうしを用いた毛織物。腰が強く実用的。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウーステッド
うーすてっど
worsted
イギリス、ノーフォーク県にある地名からとり、ここで始められた毛織物をさしたが、いまは主として男子服に用いられる梳毛(そもう)織物をいう。梳毛織物、毛織物服地の名称としてウーステッドというのは、羊毛の長い部分を使って紡績し、緻密(ちみつ)に織られたもので、仕上げは毛羽(けば)をとり、柄(がら)をはっきりさせるのが普通である。一般に薄地、中肉、厚地の3種に大別される。組織は杉綾(すぎあや)、斜文(しゃもん)、変り織などにより、無地および縞(しま)、格子、霜降りなどに先染めにしたものが多く、ヘアライン、ヘリンボーン、ピンヘッドなど、さまざまの組織や柄があるが、主として春、夏、秋の背広地に多く使われ、婦人服では男仕立てのスーツに用いられることが多い。[角山幸洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウーステッド
〘名〙 (worsted イギリス、ノーフォーク地方の毛織物産地の名から) 梳毛糸(そもうし)で織った毛織物。背広・オーバー地用。サージが代表。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉夏の花咲く「ウーステッドの合服一枚で、出ていった良人が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウーステッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウーステッドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.