Rakuten infoseek

辞書

ウレタンゴム【うれたんごむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウレタンゴム
うれたんごむ
urethane rubber
特殊合成ゴム一種ポリウレタンゴムあるいはウレタンエラストマーともよばれる。ASTMインターナショナル(旧、アメリカ材料試験協会)の規格による略称はU。その発泡体はウレタンフォームという。製法は、まず両末端ヒドロキシ基をもつ液状のポリエーテルジオール、またはポリエステルジオールとジイソシアナートの重付加反応によって適当な分子量のプレポリマーを合成する。プレポリマーは分子鎖にウレタン結合-RNHCOOR'-をもつので、この名称がある。ポリエーテルタイプはEU、ポリエステルタイプはAUと略称(ASTM準拠)。
 成形法によって、(1)注形加工するキャストタイプ、(2)通常のゴムのように加工するミラブルタイプ、および(3)射出成形加工する熱可塑性タイプの3種類がある。(1)のタイプは、液状ゴムとよばれ、両末端がヒドロキシ基あるいはイソシアナート基の液状プレポリマーであり、それぞれ、ポリイソシアナートあるいはポリアミン、ポリオール、水などで架橋して三次元網目構造のゴムとなる。水が架橋剤および原料に発泡剤を加えた場合など、発泡ポリウレタンが得られる。(3)のタイプは、熱可塑性エラストマーとよばれ、長鎖状ポリウレタンであり、プラスチックのように成形できる。(1)のタイプがもっとも多く使われ、軟質から硬質に至るゴムやスポンジ、フォームなど多様な品種のゴムがつくられている。機械的強度や耐摩耗性が優れ、大きな耐荷重性があり、耐オゾン性や耐油性もよい。しかし、耐熱性や耐薬品性が劣り、ポリエステル形は加水分解に注意が必要である。用途は自動車や寝具・家具用のクッション材、機器や土木建築用の緩衝・断熱材、靴底、ベルト、ホース、パッキング、低速運搬用ソリッドタイヤ、その他の工業用ゴム製品などである。[福田和吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウレタン‐ゴム
《〈和〉Urethan〈ドイツ〉+gom〈オランダ〉》合成ゴムの一。分子内にウレタン結合-NHCOO-の構造をもつ高分子化合物タイヤ・ベルト・パッキングなどに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うれたんごむ【ウレタンゴム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ウレタン‐ゴム
〘名〙 (洋語Urethan+gom) 合成ゴムの一種。ウレタン結合、エーテル結合、エステル結合を同時にもった網状構造の高分子物質。タイヤ、ベアリング、弾性ホームラバーなど用途が広い。ウレタン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ウレタンゴム
ウレタンゴム
urethane rubber

ウレタン結合-NHCO(=O)-をもつゴムをいう.まず,両末端にヒドロキシ基をもつポリエステル,またはポリエーテルとジイソシアナートとを反応させ,適当な長さのポリマーをつくる.プレポリマー末端基がイソシアナート基のものに対しては活性水素をもったもの(水,アルコール,アミンなど)を作用させ,また末端がヒドロキシ基のものに対してはジイソシアナートを作用させ架橋する.有機過酸化物を用いる架橋も行われている.耐摩耗性が非常に大きく,耐油性,耐空気透過性がすぐれているが,耐熱,耐薬品(とくにアルカリ)性はあまりよくない.[別用語参照]ポリウレタン

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウレタンゴム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウレタンゴムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.