Rakuten infoseek

辞書

ウルム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウルム
Ulm
ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州都市。州の東縁,ドナウ川左岸に位置し,対岸にはバイエルン州ノイウルムがある。バイエリッシェアルペンからのイラー川,シュウェービッシェアルプからのブラウ川がドナウ川に流入する地点にあり,町はドナウ川渡河点に成立。854年に王領として記録に現れ,12世紀に都市権を獲得。その後帝国直轄都市,交通の要地を占める商業都市として繁栄。16~17世紀には三十年戦争などの結果衰退し,1802年にバイエルン領,1810年にウュルテンベルク領となったが,20世紀中頃から工業および商業が急速に発展し,上シュウェーベン地方の経済の中心地となった。第2次世界大戦では大きな被害を受けたが,重要な建造物は大部分が修復された。高さ 161mの尖塔をもつゴシック様式ウルム大聖堂(1377着工,1890修復完工)は戦災を免れ,ほかに 1370年建築の市庁舎,1594年建築の穀物取引所などがある。工業では自動車機械電機などの製造業が盛ん。人口 12万2801(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウルム(Ulm)
ドイツ南部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市。ドナウ川支流のブラウ川の合流地点に位置し、中世より水運およびドイツ南北を結ぶ交通の要衝として発展。教会としては世界一の高さを誇るウルム大聖堂が広く知られている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウルム【Ulm】
ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州の都市。人口11万5000(1995)。8世紀後半にドナウ川の渡河地点に設けられた軍事的基地に端を発し,854年には王宮所在地として文献にあらわれる。11世紀には宮廷会議がしばしば開催され,シュタウフェン朝の下でシュワーベン地方の中心的都市となった。1163‐81年の間に都市法を獲得,14~15世紀には経済的・文化的最盛期を経験,シュワーベン都市同盟や宗教改革期のシュワーベン同盟のなかで指導的役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウルム【Ulm】
ドイツ南部の都市。一四~一五世紀に、経済的・文化的に繁栄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウルム
うるむ
Ulm
ドイツ南部、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。ドナウ川の左岸、支流のブラウ川との合流地点にある。人口11万7200(2000)。対岸はバイエルン州に属するノイ・ウルムNeu-Ulm(人口5万0200)。北側には、緩い起伏のシュワーベン・アルプスの丘陵地が広がる。中世には、ドナウ川沿いの交易路とドイツを南北に貫く交易路の通過地として栄え、神聖ローマ帝国直轄都市であった。とくに14~15世紀には、商工業に加えて芸術や印刷術も栄えた。161メートルの高さを誇るウルム大聖堂(1890完成)は有名。工業では、自動車、電気機器、金属、繊維、衣料品などに特色がある。医学・自然科学系大学(1967)や環境計画研究所(1969)のほか、各種教育施設も立地する。[朝野洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウルムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.