Rakuten infoseek

辞書

ウルバヌス2世【ウルバヌスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウルバヌス2世
ウルバヌスにせい
Urbanus II
[生]1035頃. フランス,シャティヨンシュルマルヌ?
[没]1099.7.29. ローマ
フランス出身の第159代教皇(在位 1088~99)。福者。本名 Odon; Eudes。ベネディクト会士(→ベネディクト会)。貴族出身で,1070年頃クリュニー修道院で修道士となる。1078年に教皇グレゴリウス7世によりオスチア司教と枢機卿(→カーディナル)に叙任された。1084年,叙任権論争で教皇と対立した神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の軍がローマを包囲し,皇帝が擁立した対立教皇勢力によって追放されたが,1088年3月にローマの南,テッラチーナで教皇に選出された。グレゴリウス7世の教会改革を引き継いで推進し,聖職売買と俗人による聖職叙階を禁じ,東西両教会の分裂からの再統合に努めた。1095年のクレルモン教会会議では十字軍を提唱。翌 1096年に十字軍が派遣され,1099年にトルコ軍から聖地を奪還,エルサレム王国が建設された。また 1088年にはベルベル人から奪回したスペインにトレド大司教区(→トレド)を再建するなど,教皇権を高揚させた。ケルンのブルーノは友人であり助言者であった。1881年教皇レオ13世により列福された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルバヌス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウルバヌス2世の関連情報

関連キーワード

クヌートクヌット[2世]クヌートハロルド1世ウィリアム(1世)人工林日本の森林商業捕鯨と調査捕鯨ふらのまちづくり株式会社選子内親王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.