Rakuten infoseek

辞書

ウルドゥー語【ウルドゥーご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウルドゥー語
ウルドゥーご
Urdu language
インド=ヨーロッパ語族インド=アーリア語派に属する言語。話されている地域はインドのドアブ地方とその近隣,ならびにパキスタンで,約 4900万人以上の話し手をもつ。パキスタンでは公用語に定められている。西ヒンディー語の一種として分類され,系統的にはインドの公用語ヒンディー語と近いが,ヒンディー語がサンスクリット語に語彙の多くを負うのに対し,ウルドゥー語はペルシア語から多くの語を借用している。アラビア文字で書かれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウルドゥー‐ご【ウルドゥー語】
Urduインド‐ヨーロッパ語族インド語派に属する言語。パキスタン‐イスラム共和国の国語であり、またインドイスラム教徒の間でも話されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウルドゥーご【ウルドゥー語 Urdū】
インド・ヨーロッパ語族インド語派の言語の一つ。デリーに最初のムスリム王朝が樹立されたのは1206年であるが,イスラム教徒のインド亜大陸内部への侵入はすでに10世紀から始まっていた。当時パンジャーブからデリー周辺の広範な地域で使用されていたインド・アーリヤ語系の方言に,これら外来者のペルシア語,アラビア語などの語彙が混入して徐々に発達したのがウルドゥー語である。基礎となった方言はパンジャービー,カリー・ボーリーKharī‐Bōlīなどいくつかの説がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウルドゥーご【ウルドゥー語】
インド-ヨーロッパ語族インド語派に属する言語。パキスタンの国語、インドの一五の公用語の一つ。文法構造はヒンディー語と同じ。表記はアラビア文字のナスターリク体を使用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

ウルドゥーご【ウルドゥー語】
インドヨーロッパ語族インド語派に属する言語で、パキスタンの国語、北インドのジャンムーカシミール州の公用語。話者数は6100万人。デリーにイスラム王朝が成立した13世紀以降、イスラム教徒とヒンドゥー教徒の共通会話語として北インドに広がったヒンドゥスターニー語が、20世紀のインド・パキスタン分離独立に至る歴史のなかで、イスラム教徒が使うウルドゥー語とヒンドゥー教徒が使うヒンディー語とに分かれた歴史をもつ。両言語は音韻も日常語彙(ごい)も文法も基本的に同じだが、ウルドゥー語では、ヒンディー語のデーバナーガリー文字に対してペルシア文字を使い、アラビア語ペルシア語から多くの語彙を取り入れている。音韻では子音の種類が多く、独特の反り舌音や多数の帯気音がある。語順は日本語とよく似ている。◇英語でUrdu。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウルドゥー語
うるどぅーご
Urdu
アーリア系諸語の中央グループに属する言語で、パキスタンの公用語であると同時に、インドの公用語でもある。現在のデリーを中心とする地方で話されていたカリー・ボーリー語Kha-Blは、14世紀以降デカン高原に出現したイスラム王朝が発達させた宮廷文学語ダクニーDakhnの影響を受けつつ、18世紀初頭までに北インド各地の王族ならびにイスラム教徒上層階級の共通語となっていった。ヒンディー語とまったく同じ文法構造をもちながらも、ペルシア語やアラビア語からの借用語をふんだんに取り入れている。またペルシア文字で書き表すウルドゥー語は、デリーに都を定めたムガル王朝の公用語として18世紀後半からその地位を高め、北インド各州の法廷語や教育語ともなる一方、数多くの優れた文学作品を生み出していった。なお、「ウルドゥー」とは本来「軍営地」を意味するトルコ語であるが、イスラム軍の共通語に対する名称となっていった。[奈良 毅]
『鈴木斌・麻田豊著『日本語ウルドゥー語小辞典』(1992・大学書林)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルドゥー語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウルドゥー語の関連情報

他サービスで検索

「ウルドゥー語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.