Rakuten infoseek

辞書

ウリジン二リン酸【うりじんにりんさん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウリジン二リン酸
うりじんにりんさん
生物体内に存在する化学物質。UDP(uridine diphosphate)と略記する。ウラシルリボース、2分子のリン酸から構成されるピリミジンヌクレオチドである。UDPは、生物がショ糖、グリコーゲンなどの糖類を合成する際、また単糖類が相互に変換する際に重要な働きをする多くの糖ヌクレオチドの構成成分である。また、RNA(リボ核酸)合成の前駆物質の一つであるUTP(ウリジン三リン酸)はUDPを経て合成される。[笠井献一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウリジン二リン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウリジン二リン酸の関連情報

関連キーワード

UDPガラクトース4-エピメラーゼ欠損アラビノースUDPグルコース-4-エピメラーゼUDPグルコース4-エピメラーゼキシロース糖ヌクレオチドラクトースシンターゼウリジル酸ウリジン三リン酸グルクロン酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.