辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

ウミヘビ【ウミヘビ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウミヘビ
sea snake
海中生活に適応して進化を遂げたヘビの一群。ウミヘビ科 Hydrophiidaeにまとめられる。コブラ類から分かれたと考えられ,類似点が多い毒ヘビであるが,尾が著しく側扁して鰭状をなし,鼻孔が吻の背側にあるなど,水中生活に適応した形態的変化がみられる。大きさはほとんどが 0.8~1.3mである。大多数の種は,卵胎生で,インド洋西部から西太平洋にかけての熱帯地方の浅い海域に分布し,セグロウミヘビだけが外洋性である。化石種は知られておらず,分類の難しいグループである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミヘビ
ウミヘビ科」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

ウミヘビ
ウミヘビは太平洋、南アメリカ、インド洋の熱帯域で見られ、その毒は陸上の毒ヘビ、コブラを上回るほどの猛毒とも言われる。しかしウミヘビの口は小さく、毒牙も発達していないので、ダイバーが危害を受けることは少ない。しかし猛毒を持っていることは確かなので、 ダイバーはウミヘビに対してむやみに攻撃的な行動をとるべきではなく、万一かまれたときは、至急医師の手当を受ける必要がある。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミヘビ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウミヘビの関連情報

他サービスで検索

「ウミヘビ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.