Rakuten infoseek

辞書

ウミスズメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウミスズメ
Lactoria diaphana
フグ目ハコフグ科の海水魚全長 30cm。体は硬い箱状の甲板に覆われ,,顎,尾部のみを動かすことができる。体はやや透きとおり,腹部は半透明。眼の前上方にとげがある。腹側隆起の後端は鋭いとげとなる。茨城県以南,インド・西太平洋域に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミスズメ
(1) Synthliboramphus antiquus; ancient murrelet チドリ目ウミスズメ科。全長 25cmの海鳥。冬羽(→羽衣)では頭上が黒褐色,背が灰色,胸から腹が白色である。夏羽では眼の後方に白線が出る。無人島などの草地に掘った穴や岩の間に営巣する。高く飛ぶことはなく,常に海面すれすれに低く飛び,で推進力を得て巧みに潜水し,小魚やプランクトンをとる。日本の北部からカムチャツカ半島アリューシャン列島アラスカ半島西部,北アメリカの太平洋沿岸に繁殖分布する。冬季は繁殖地に加え,一部が南下して朝鮮半島やカリフォルニアまで分布を広げる。日本では北海道本州北部の島に少数が繁殖するが,冬季は本州中部から九州地方沿岸まで南下する。
(2) Alcidae; auks チドリ目ウミスズメ科の鳥の総称。全長 15~45cmで,絶滅したオオウミガラスを含むと 11属 25種からなる。全身の羽色は黒褐色か黒褐色と白色のものが多いが,一部の種では灰青色や黄白色である。また,生殖羽の時にだけや頭部に美しい突起物や飾り羽を生じる種もいる。胴体は太く,全体にずんぐりしている。すべて北半球の北部海域に生息し,潜水してイカや魚類,甲殻類,プランクトンなどをとる。潜水時は翼で推進力を得,蹼(みずかき)で舵をとる。繁殖期以外に上陸することはない。日本近海にはヒメウミスズメ Alle alleウミガラス,ハシブトウミガラス Uria lomviaウミバトケイマフリウトウツノメドリエトピリカ,マダラウミスズメ Brachyramphus marmoratus,ウミスズメ,カンムリウミスズメ,エトロフウミスズメ Aethia cristatella,シラヒゲウミスズメ A. pygmaea,コウミスズメ A. pusillaウミオウムの 15種が分布し,うち 7種が繁殖している。なお,(2)のうち特に全長 20~25cmの小型のものにかぎってウミスズメということもある。日本近海に分布する種では,上記のうちマダラウミスズメ以下の 7種がこれに相当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミスズメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウミスズメの関連情報

関連キーワード

イベリスオオバコ生活形バルサアオギリ(青桐∥梧桐)オイルフェンスザミアスプレケリア雑巾タシロイモ

他サービスで検索

「ウミスズメ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.