Rakuten infoseek

辞書

ウバガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウバガイ
Pseudocardium sybillae; Sakhalin surf clam
軟体動物門二枚貝綱バカガイ科。別名ホッキガイ長 9.5cm,殻高 7.5cm,殻幅 4.5cm。殻は卵円形でよくふくらみ,幼貝は黄色で薄質であるが,成貝は暗褐色でやや厚い殻皮をかぶる。殻の内面灰白色で,殻頂の下に大きく強い 鉸歯と,黒色の大きな弾帯 (内靭帯) の乗る弾帯受がある。軟体の足は桃赤色。本州東北地方以北,オホーツク海,沿海州朝鮮半島東岸に分布し,外海に面した砂泥底にすむ。産卵期は4~8月。冬から春にかけて桁網でとるが,養殖もしている。食用に供され,乾物缶詰にもする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ウバガイ
 [Spisula sachalinensis].ホッキ貝ともいう.ハマグリ目バカガイ科の二枚貝.日本北部の浅海でとれる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウバガイ
うばがい / 姥貝
Sakhalin surf clam
[学]Spisula syballae
軟体動物門二枚貝綱バカガイ科の二枚貝。通称をホッキガイ(北寄貝)という。常磐(じょうばん)地方以北の太平洋側、オホーツク海、日本海北部などの、外洋に面した浅海の砂底にすむ。殻長95ミリメートル、殻高75ミリメートル、殻幅45ミリメートルに達する卵形で、殻は厚くて重い。殻表は灰黄色で、その上に厚い藁(わら)色の殻皮をかぶっている。殻皮は、殻頂から後腹端にかけての線上で両側からあわさるため稜(りょう)状となる。殻頂下には厚く大きい(こうし)と弾帯がある。弾帯は大きい三角形の弾帯受けというくぼみにはまっている。軟体はバカガイに似るが、色はまったく異なり、足は紫灰色である。美味なため、刺身や酢の物として生食されるほか、干物、缶詰となる。産卵期は6~8月、殻は5年で長さ70ミリメートル、10年で83ミリメートル、20年でようやく94ミリメートルに達する。30年以上長生きする個体もあるといわれる。[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウバガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウバガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.