Rakuten infoseek

辞書

ウスペンスキー寺院【ウスペンスキージイン】

デジタル大辞泉

ウスペンスキー‐じいん〔‐ジヰン〕【ウスペンスキー寺院】
Uspenskiy soborУспенский собор》⇒ウスペンスキー大聖堂
Uspenskin Katedraali》フィンランドの首都、ヘルシンキにある北欧最大のロシア正教会の寺院。ロシアの建築家、アレクサンデル=ゴルノスタイッフの設計により、1868年に完成。赤煉瓦(れんが)造りの重厚なスラブビザンチン様式で、13個の黄金色のキューポラ(丸天井)がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

ウスペンスキーじいん【ウスペンスキー寺院】
フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)のマーケット広場近くにある、北欧最大のロシア正教の教会。ヘルシンキ中央駅からは徒歩約20分、マーケット広場から徒歩約5分の場所にある。前世紀のスラブビザンチン様式を代表する赤いレンガの教会で、13個の黄金色のキューポラがある。1860年にロシア人建築家ゴルノスタイッフの設計により建設が始まり、1868年に完成した。教会内部の聖壇ギリシア正教の伝統に従って東側にあり、天井の頂と聖壇の天井は蒼く色彩され、聖画壁と教会堂の3つの壁には、イコンが掛けられている。◇日本語では「生神女就寝大聖堂」と呼ぶ。ウスペンスキー寺院は世界各地の正教会の聖堂の名称になっている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスペンスキー寺院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウスペンスキー寺院の関連情報

関連キーワード

ウスペンスキー大聖堂聖ソフィア大聖堂アルハンゲリスキー寺院アルハンゲリスキー大聖堂イサク聖堂カザン聖堂カザンの聖母聖堂カリーニングラード大聖堂スパソプレオブラジェンスキー聖堂聖イサク寺院

他サービスで検索

「ウスペンスキー寺院」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.