Rakuten infoseek

辞書

ウォーラー積分

法則の辞典

ウォーラー積分【Waller integral】
完全結晶によるX線の積分反射強度を与える公式である.

ただし.ここで Wブラッグ条件*からのずれを示すパラメータである.re,λ,Fgt0 はそれぞれ古典電子半径,X線の波長,結晶構造因子,結晶の厚みを表す.C は入射X線の偏光を示す因子,γ0,γg は入射波と回折波の回折表面法線となす角の余弦である.この式はまた,ベッセル関数 Jm を用いると

の形に書くこともできるが,これも同じくウォーラー積分と呼ばれる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォーラー積分」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウォーラー積分の関連情報

他サービスで検索

「ウォーラー積分」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.