Rakuten infoseek

辞書

ウェヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウェヌス
Venus
ギリシア神話のアフロディテと同一視された古代ローマの女神。英語ではビーナス。ローマでは古くは「禿頭のウェヌス」 (ウェヌス・カルワ) という奇妙な名で呼ばれ,祀られたことが知られているが,ギリシアの影響を受ける以前の古い性格には不明な点が多い。アフロディテと同一視された結果,この女神の息子アイネイアスの後裔と自任するローマ人に特別の加護を与えるとみなされ,特別の崇敬を受けるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウェヌス(Venus)
ビーナスのラテン語名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぇぬす【ウェヌス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウェヌス【Venus】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェヌス
うぇぬす
Venus
ローマの女神。最初は菜園の守り神であったといわれ、一般にはビーナスの名で知られている。ウェヌスの語は、語源的にはラテン語のvenerari(崇拝する)、venia(恩恵)などと同様、宗教的言語に属し、本来は神々の好意を得ようとする行為を示した。すなわち、神々と人間との間を取りなす神であった。のちにギリシアのアフロディテと同一視されて、愛の女神へと変化した。ローマのウェヌス崇拝の発展は、とくにアイネイアス(アエネアス)の建国伝説によって促された。紀元前215年に、シチリアのエリクス山のウェヌスがアイネイアスの子孫(ローマ人)の母としてローマに移入され、またアイネイアスを祖とするユリウス家に属するカエサルが、英雄の母ウェヌスを尊び、ウェヌス・ゲネトリクス(母神ウェヌス)の壮大な神殿を建立した。アウグストゥス時代(帝政初期)の詩人ウェルギリウスの『アエネイス』では、ウェヌスは単に息子アイネイアスの行動を守るだけでなく、来たるべきローマ人すべての運命にも心を配る、慈悲深い女神として登場している。なお、美術上に表現された女神については、「ビーナス」の項を参照のこと。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェヌスの関連情報

他サービスで検索

「ウェヌス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.