Rakuten infoseek

辞書

ウェッジウッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウェッジウッド
Wedgwood, Josiah
[生]1730.7.12. 〈洗礼〉スタッフォードシャー,バーズレム
[没]1795.1.3. バーズレム近郊
イギリスの陶芸家。9歳で陶芸家の父を亡くし兄の指導で陶芸を学ぶ。 1754年 T.ウィールドンの製陶工場で働き,62年リバプールの金持 T.ベントリーの支援で製陶工場を造り,陶器製作と研究に従事。クリームウェアの改良に成功し,65年クイーン・シャーロットの保護を受けたのでクイーンズウェアと呼ばれた。 70年以後はギリシア・ローマの古典的様式を取入れ,ジャスパーウェア,バザルトウェアなど古典を模した作品を製作,その一つにローマ時代の『ポートランドの壺』がある。優美な作風は死後も受継がれ,現代にいたるまで,イギリス陶工の代表的な地位を保っている。博物学者 C.ダーウィンは彼の孫にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ウェッジウッド
イギリスの陶磁器メーカー。1759年、ジョサイア・ウェッジウッドが創業。王室御用達ブランドとして知られる。「フロレンティーン」「ジャスパー」「ワイルドストロベリー」などのシリーズが有名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウェッジウッド【Josiah Wedgwood】
1730‐95
イギリスの陶芸家,企業家。イギリス中西部の窯業の町スタッフォードシャーのバースレムで代々窯業を営む一家に生まれる。14歳から兄トーマスのもとで作陶の修業を積んだ。1754年トーマス・ウィールドンの窯に入り,59年に独立。中世以来の鉛釉(えんゆう)陶器の伝統を受け継ぐクリーム色陶器の改良に成功,67年シャルロッテ王妃から〈女王御用陶工〉の公的特権を得,これを〈クイーンズ・ウェア(女王陶器)〉と名づけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うぇっじうっど【ウェッジウッド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェッジウッド
うぇっじうっど
Josiah Wedgewood
(1730―1795)
イギリスの陶芸家。製陶業を営む家に生まれ、父や兄に陶芸の手ほどきを受ける。1754年から陶芸家トマス・ウィールドンの工房で働き、その独創的な(せっき)の技法を修得。59年に独立、バースレムに工場を設け、65年には王室の保護を受けてクリーム・ウェアの改良に成功、「クィーンズ・ウェア」とよばれる器を創製した。さらに古代ギリシア陶器を模したバザルト・ウェアや、古代ローマの「ポートランドの壺(つぼ)」を模したジャスパー・ウェア(碧玉(へきぎょく)手)は、透明な器地にカメオ風の白い装飾浮彫りを施したもので、当時のイギリス工芸界に新古典様式流行の契機をつくった。彼の死後もその作風は受け継がれ、現代においてもイギリス陶器の代表としてその地位は保たれている。
 また、彼は産業革命による蒸気動力をいち早く工場に採用したり、高温計を発明するなど、ヨーロッパ製陶業の近代化に大きな貢献をした。[篠塚二三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェッジウッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェッジウッドの関連情報

関連キーワード

徳川吉宗クープラン江村如圭フレデリック4世クレメンス12世前古典派音楽フレデリク4世ぞよぞよふるさと納税働く親と学童保育

他サービスで検索

「ウェッジウッド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.