Rakuten infoseek

辞書

ウェストハイランドホワイトテリア【うぇすとはいらんどほわいとてりあ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェストハイランドホワイトテリア
うぇすとはいらんどほわいとてりあ
West Highland white terrier
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、イギリスのスコットランド地方が原産地である。昔からその地で小獣猟に用いられていた犬種で、1900年ごろにタイプが固定されたとみられている。立ち耳で、純白の剛毛に覆われ、四肢は短めで、躯幹(くかん)は筋肉質、小柄なわりにはがっしりした感じの犬種である。尾は根元が太く先細りで、背に高くつき、ぴんとあげている。テリア類に共通する活発な気質があり、最近わが国のドッグショーでもよく目にとまるようになってきた。体高22~30センチメートル、体重5.4~8.1キログラムである。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェストハイランドホワイトテリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェストハイランドホワイトテリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.