Rakuten infoseek

辞書

ウインドトライアングル【wind triangle 】

パラグライダー用語辞典

ウインドトライアングル
日本では風向三角形または風力三角形という。飛行に対する風向・風速の影響を図解で説明する簡単な図表である。この図表を作成することにより、これから飛行しようとするパラグライダー対地速度機首方向・時間等が事前にシュミレーションできる。フライヤーは常にウインドトライアングルを頭において飛行する必要がある。 パラグライダーが対気速度36km(10m/s)でA点より90度の方向へ飛行する時、45度の方向より5m/sの風が吹いているとすると、直進方向より左側から風が吹いている事になる。機首をB点に向けてもパラグライダーは右に流されてB点へは到達できない。B点の方向に飛行する為には、機首を左側にひねって飛ばなければならない。与えられた条件から作図してみると!の偏流修正角と対地速度を求める事ができる。作図より読み取れる偏流修正角!は目的地より左に約21度となり対地速度は約20.5km/h(5.7m/s)となる。
u-39.gif

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウインドトライアングル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウインドトライアングルの関連情報

他サービスで検索

「ウインドトライアングル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.