Rakuten infoseek

辞書

ウインチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウインチ
winch
巻胴にワイヤロープや鎖を巻取り,重量物を引寄せたり,吊上げたりする簡便な物上げ機械。土木・建築現場,鉱山,船舶,その他で広く使われている。力を増大させるために駆動軸と巻胴の間に減速歯車装置を設ける。駆動方法によって次のように大別される。 (1) 手巻ウインチ 枠組みの中にある巻胴を,歯車を介してハンドルで回すもの。巻上げ容量は 0.2~5t程度。 (2) 工事用ウインチ 原動機を備えているもので,巻胴の数により単胴,複胴,多胴の形式がある。原動機を回転させておき,作業時にはクラッチを断続させて巻胴を操作する。単胴で 10~30馬力,ロープ速度毎分 30~50m程度。 (3) 小型ウインチ 電動機や減速歯車装置を巻胴と一体にし,(2) を小型・簡便化したもの。いずれもバンドブレーキや爪車装置を備え,巻降ろし速度の調節や吊下げ保持をする。油圧駆動式のものも製作されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウインチ(winch)
円筒形の巻き胴を回転させ、それにつけたロープや鎖などを巻き取ったり戻したりして重量物を上げ下ろしする機械。巻き上げ機。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

ウインチ
エンジンを利用した巻上げ機のこと。トーイングを参照。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ウインチ【winch】
水平においた円筒状の巻き胴に取りつけた鋼索またはチェーンを巻き取って、重い物を引き寄せたりつり上げたりする機械。巻き揚げ機。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウインチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウインチの関連情報

他サービスで検索

「ウインチ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.