Rakuten infoseek

辞書

ウィーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィーン
Wien, Wilhelm
[生]1864.1.13. ガフケン
[没]1928.8.30. ミュンヘン
ドイツの物理学者。ゲッティンゲン大学,ハイデルベルク大学に学び,ベルリン大学で H.ヘルムホルツに師事した (1882) 。アーヘン工科大学教授 (96) ,ギーセン大学教授 (99) ,ウュルツブルク大学教授 (1900) ,ミュンヘン大学教授 (20) 。 1893年黒体放射について波長と温度の関係 (→ウィーンの変位法則 ) を発見。また放射線の波長分布の式 (→ウィーンの放射式 ) を導いたが,短波長側にしかあてはまらなかった。 J.レイリーの導いた長波長側にしかあてはまらなかった式とともに,のちのプランクの公式 (→プランクの放射式 ) への道を開いた。X線陰極線,カナル線の研究にも貢献した。 1911年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーン
Wien
オーストリアの首都。英語ではビエンナ Vienna。オーストリアを構成する九つの連邦州の一つでもある。オーストリア東部の盆地にあり,ドナウ川により南北に分けられる。古代ケルト人の砦に始まり,前1世紀にはローマの軍営地となり,3世紀には人口 1万5000~2万を数えた。1100年頃バーベンベルク家領となり,1137年に都市権を獲得。1156年にバーベンベルク家領オーストリアの首都となった。1288年以降はハプスブルク家領となり,特に 1558~1806年は同家の支配する神聖ローマ帝国の事実上の首都であった。その後 1867年までオーストリア帝国,1918年までオーストリア=ハンガリー帝国の首都として栄えた。歴史を反映して記念建造物が多く,特にゴシック様式,バロック様式の建築や近代建築に優れたものが多い。ザンクト・シュテファン大聖堂(ウィーン大聖堂。1304~1511,1952再建),マリアアムゲシュターデ聖堂(14~15世紀),聖ペテル聖堂(1702~33),ベルベデーレ宮殿(1714~23),シェーンブルン宮殿(17~18世紀),ホーフブルク宮殿(13,19世紀),近代建築の祖オットー・ワーグナーの郵便貯金銀行(1906)などがある。音楽の都としても知られ,フランツ・ヨーゼフ・ハイドン,ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト,ルートウィヒ・ファン・ベートーベン,フランツ・ペーター・シューベルト,ヨハネス・ブラームス,ヨハン・シュトラウス,フランツ・レハール,グスタフ・マーラー,リヒアルト・シュトラウス,アルノルト・シェーンベルクなど,ここで活躍した音楽家は非常に多い。またウィーン国立歌劇場ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの音楽団体も有名。オーストリア有数の工業都市で,電機,精密機械,化学,繊維など,各種の工業が発達し,州域をこえた大都市圏を形成している。2001年,中心部に広がる歴史地区が世界遺産の文化遺産に登録された。面積 415km2。人口 171万4142(2011)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウィーン(Wilhelm Wien)
[1864~1928]ドイツの物理学者熱放射を研究し「ウィーンの輻射(ふくしゃ)法則」「ウィーンの変位則」を発表、プランク量子仮説先駆をなした。1911年、ノーベル物理学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ウィーン
カール事務器株式会社の鉛筆削りの商品名。鉛筆にキズがつきづらいゴム製チャックを使用。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウィーン【Wien】
オーストリアの首都であるとともに,九つの連邦州の一つである。英語ではビエンナVienna。面積414.5km2,人口160万(1994)。古くは南ドイツからハンガリーへ向かう〈ドナウの道〉とボヘミアからイタリアへ向かう〈琥珀(こはく)街道〉が交差する交通の要衝であり,ゲルマン世界とスラブ世界を結ぶ文化上の交差点であった。
【地理的概観
 ウィーンの森の東斜面が市の西部を緑の半月状にかこみ,東部にはドナウ川とその分流ドナウ運河が流れる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウィーン【Wilhelm Wien】
1864‐1928
ドイツの物理学者。東プロイセン,ガフケンの地主の一人息子として育つ。ゲッティンゲン,次いでベルリン大学に入学し,H.vonヘルムホルツの下で物理学を学ぶ。1886年光の回折現象に関する研究で学位を取得。青年時代のウィーンは家業を継ぐか学究生活に入るか,思い悩んでいたといわれるが,90年国立物理工学研究所の助手となり,照明,冶金などの産業技術を背景とする熱放射の研究に取り組んだ。92年熱電対を改良,95年空洞放射は黒体放射に相当するとの評価を与えて,放射測定実験を開始。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウィーン【Wilhelm Wien】
1864~1928) ドイツの物理学者。黒体放射の「ウィーンの変位則」および「ウィーンの分布則」を理論的に導き、プランクの熱放射理論の先駆をなす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウィーン
(Wilhelm Wien ウィルヘルム━) ドイツの物理学者。黒体の輻射に関する変位則、熱放射のエネルギー分布式を発見。一九一一年ノーベル物理学賞受賞。(一八六四‐一九二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィーンの関連情報

関連キーワード

元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)太平天国ペドロ[2世]明治維新ロダンエリオット長坂クララノーマン

他サービスで検索

「ウィーン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.