Rakuten infoseek

辞書

ウィーン会議【ウィーンかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィーン会議
ウィーンかいぎ
Congress of Vienna; Wiener Kongress
フランス革命ナポレオン戦争ののち,ヨーロッパの政治秩序再建のため,1814年9月から 15年6月まで,ウィーンで開かれた列国会議オーストリア,プロシア,ロシア,イギリスの四大国が事実上の決定権をもち,ほか関係諸国の代表が列席した。敗戦国フランスも参加し,タレーランの外交手腕によって巧みに自国の利益を守った。他国の君主貴顕も集り,オーストリア宮廷は絶えず派手な招宴を催して宴会外交を展開し,議事遅延を招いたことでも有名。 15年6月9日のウィーン最終議定書により,(1) オーストリアはベネチア,ロンバルディアを獲得,(2) プロシアはライン川下流地域やザクセンの一部を獲得,(3) ロシアはポーランドを獲得,(4) イギリスは植民地を拡大,(5) オランダはベルギーを合併,(6) スイスは永世中立国となり,(7) ドイツ諸邦はドイツ連邦を結成するなどの決定が行われた。これらはいずれも,諸国民の民族主義的,自由主義的要求を圧殺し,フランス革命以前の統治体制の再建を目指す正統主義と,ヨーロッパ諸大国の勢力均衡という二大原則の実現を目指したものである。これに基づく復古体制は,普通ウィーン体制と呼ばれ,オーストリアの宰相メッテルニヒが,三月革命にいたるまで,この体制の指導者であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウィーン‐かいぎ〔‐クワイギ〕【ウィーン会議】
1814年から15年にかけてウィーンで開かれた国際会議フランス革命ナポレオン戦争後のヨーロッパの国際秩序の回復を図ったもので、ウィーン議定書が調印され、革命前の状態への復帰をめざす正統主義と、大国の勢力均衡とを二大原則とするウィーン体制が成立した。この会議は諸国の利害が対立して遅滞し、「会議は踊る、されど会議は進まず」と風刺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウィーンかいぎ【ウィーン会議】
ナポレオン戦争後,ヨーロッパの政治的再編のためウィーンで開かれた列国会議。会議は1814年9月18日の予備会談から翌15年6月9日の最終議定書の締結まで続いたが,その間全体会議は一度として開かれず,もっぱら大国代表からなる委員会で具体的な詰めが行われ,映画《会議は踊る》の題名に象徴されているように,それは権謀術策をとする舞台裏の饗宴外交であった。会議には200人以上の国家の代表が参加し,オーストリア外相メッテルニヒ議長となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウィーンかいぎ【ウィーン会議】
フランス革命・ナポレオン戦争後の事態収拾のため、1814年九月から翌年六月までウィーンで開かれた国際会議。ヨーロッパ各国の首脳が出席、メッテルニヒが主導した。正統主義と大国の勢力均衡を原則としてヨーロッパの再編成を図り、ウィーン体制と呼ばれる国際秩序を形成した。「会議は踊る、されど会議は進まず」とは、この会議の遅滞を諷して言われた言葉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィーン会議
うぃーんかいぎ
Congress of Vienna
ナポレオン戦争の戦後処理を行った国際会議。ナポレオン退位から5か月後の1814年9月に始まり、15年6月9日の最終議定書調印によって終わった。この会議にはほとんどヨーロッパ中の君主や統治者が参集したが、実際にはオーストリア、プロイセン、ロシア、イギリスの4か国が会議の主導権をとり、主要な決定は、ことごとく大国によって行われた。
 戦後処理の主眼は、復古による革命勢力の抑圧と、勢力均衡の原理による安定した国際秩序の創出に置かれた。会議の結果を要約すれば以下のとおりである。
(1)敗戦国フランスの領土削減と封じ込めを目的として、オランダにベルギーを取得せしめ、プロイセンにザクセンの5分の2その他を与えてその強化を図り、スイスの連邦形成と永世中立の要求を認めるなどフランス周辺に障壁を形成した。
(2)ドイツ諸邦については、ナポレオン戦争を通じ300余から38に減じた諸邦をそのまま認めて、勢力均衡の見地から緩い「連邦」の形での「中欧に強国なき」状態を持続させた。
(3)ナポレオンに対する軍事的勝利に立脚して一挙に膨張しようとするロシアを制して、クラクフを独立市、ダンツィヒをプロイセン領とするなど削減した残りのポーランド領をロシアに与えた。
(4)オーストリアについては、ベルギーの放棄を北イタリア取得で代償し、またドイツ連邦の盟主としての地位をこれに与えて、プロイセンの台頭に備えさせた。
 ウィーン会議はまた、国際河川の自由航行の原則を確立したことや、外交上の制度、慣例を定めたことでも知られている。
 ウィーン会議の進行はけっして順調ではなかった。当初に戦勝四大国が会議の主導権をとることで合意するや、フランスの外相タレーランが乗り込んで諸小国の不満を背景に自国の発言権を確保したり、1815年1月にはロシアの横暴を阻止するため、フランス、オーストリア、イギリスが秘密協定を結ぶなど、会議は対立に悩まされたうえ、ナポレオンが突如エルバ島を脱出(1815年2月)して「百日天下」を演ずるなど椿事(ちんじ)が出来(しゅったい)した。しかし、会議を主宰したオーストリアの宰相メッテルニヒは、ウィーンに集まった各国代表のために舞踏会を開いて機の熟するのを待ち(このため「会議は踊る。されど会議は進まず」という風刺が生まれた)、イギリス外相カースルレーも対立する要求の仲介者として活躍するなど、ヨーロッパの古典的外交の粋が発揮されたことも事実である。[百瀬 宏]
『高坂正堯著『古典外交の成熟と崩壊』(1978・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウィーン‐かいぎ ‥クヮイギ【ウィーン会議】
一八一四~一五年、ナポレオン戦争後の国際関係の処理のためウィーンで開かれた会議。各国の利害が対立し、「会議は踊る、されど会議は進まず」と評された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ウィーン会議
ウィーンかいぎ
Wiener Kongress
フランス革命・ナポレオン戦争によって混乱したヨーロッパの秩序を回復するために,1814年9月から翌年6月までウィーンで行われた国際会議
90王国・53公国の君主・主要政治家が集まったが,敗戦国フランスの外相タレーランが唱える正統主義と,オーストリア宰相メッテルニヒの保守主義とが支配的で,会議は紛糾した。しかし,ナポレオン1世のエルバ島脱出の報に各国は妥協してウィーン議定書を締結。議定書の内容は,イギリス外相カスルレーの提唱した勢力均衡論にもとづいて決められた。(1)ブルボン朝を復位し,フランスは1792年(ナポレオンの百日天下のあとは1790年)の国境に復す,(2)ロシアはフィンランドを併合し,ポーランドの大半を得てポーランド王国をつくり,その王位を兼ねる,(3)プロイセンはザクセンの北半分,ライン川左岸の地を獲得,(4)オーストリア領ネーデルラントはオランダが併合し,ネーデルラント王国を形成。その代償にオーストリアはロンバルディア・ヴェネツィアを獲得,(5)イギリスはマルタ島のほかオランダ領のセイロン島(現スリランカ)・ケープ植民地を獲得,(6)スイスは永世中立国となる,(7)ドイツは35君主国・4自由都市によりドイツ連邦を組織する,(8)スウェーデンはノルウェーをあわせ,ポンメルンをプロイセンに譲る,などである。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーン会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィーン会議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.