Rakuten infoseek

辞書

ウィーナー‐ヒンチンの定理

法則の辞典

ウィーナー‐ヒンチンの定理【Wiener-Khintchin theorem】
確率過程のパワースペクトルと相関関数の関係を表す定理.確率過程 yt)が定常であるとき(特別な時間の原点を含まないとき),相関関数 K(τ)(≡ 〈ytyt+τ) 〉,〈 〉 は時間平均を表す)は yt)のスペクトル密度(確率変数のフーリエ係数の絶対値の二乗の,単位周波数当たりの値,J(ω))のフーリエ変換で与えられる.すなわち

逆にスペクトル密度から相関関数を得るときは

のようになる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーナー‐ヒンチンの定理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィーナー‐ヒンチンの定理の関連情報

他サービスで検索

「ウィーナー‐ヒンチンの定理」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.