Rakuten infoseek

辞書

ウィリアム(2世)【うぃりあむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィリアム(2世)
うぃりあむ
William
(1056/60―1100)
イングランド王(赤顔王Rufus。在位1087~1100)。ウィリアム1世の第3子。父の寵愛(ちょうあい)を受けてその死後イングランド王となる。兄のノルマンディー公ロベールRobert (1051/54―1134。在位1087~1106)、バイユー司教オドらの反乱を切り抜け、ラナルフ・フランバードを起用して厳格な統治を展開し、聖職者叙任権をめぐってカンタベリー大司教アンセルムスとも対立した。ロベールの十字軍出征中ノルマンディー公領をゆだねられたが、狩猟中暗殺された。[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィリアム(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィリアム(2世)の関連情報

関連キーワード

エピクテトスルーファス・リンクス赤顔王赭顔王ウィリアム[2世]エピクテトスウィリアム2世カマドドリデーアカオオカミ

他サービスで検索

「ウィリアム(2世)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.