Rakuten infoseek

辞書

ウィグモア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィグモア
Wigmore, John Henry
[生]1863.3.4. サンフランシスコ
[没]1943.4.20. シカゴ
アメリカの代表的な訴訟法学者。不法行為法,比較法制史,とりわけ証拠法の領域に残した業績で有名である。不朽の名著『証拠法』 (1904~05,1923,1940) は,日本においても英米法的証拠法体系を導入した現行刑事訴訟法の証拠に関する規定の解釈に少なからず影響を与えている。また,1890年から慶應義塾大学において教授の職にあった関係で,徳川時代の日本法制史にも卓抜した研究成果を残し,この分野の研究論文に『徳川時代の日本法と裁判』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ウィグモア Wigmore, John Henry
1863-1943 アメリカの法学者。
1863年3月4日生まれ。明治22年(1889)来日。慶応義塾で英米法をおしえ,かたわら江戸時代の法制を研究。25年帰国し,「Materials for the Study of Private Law in Old Japan」などをあらわした。のちノースウエスタン大教授。1943年4月20日死去。80歳。サンフランシスコ出身。ハーバード大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィグモア
うぃぐもあ
John Henry Wigmore
(1863―1943)
アメリカの法学者。ハーバード大学を卒業後、ノースウェスタン大学の教授、法学部長を歴任(1893~1943)した。著作も多く、とくに証拠法――主著『コモン・ロー裁判における英米法的証拠法論』A Treatise on the Anglo-American System of Evidence in Trials at Common Law(1904~1905)、および比較法制史――主著『世界法制概観』A Panorama of the World's Legal Systems(1928)の分野で大きな業績を残した。また日本の法学界と関係が深かったことでも知られている。1889~1893年(明治22~26)の間、慶応義塾大学で英米法を教えた。その間、日本の法制、とくに江戸時代の法制を研究し、『古い日本における私法の研究資料』Materials for the Study of Private Law in Old Japan(1892~1893)、『徳川時代の法律と裁判』Law and Justice in Tokugawa Japan(1941)などの著作を残した。彼の在日当時、日本では法典論争が行われ、もっぱら西欧法(フランス、ドイツ、イギリスの法律)の吸収に関心が向けられ、日本に固有なものは古いものとして、抹殺、黙殺されるという風潮にあった。このようななかにあって、ウィグモアは江戸時代の法研究に関心をもち、多くの資料を収集して、優れた業績を残した。[水田義雄]
『高柳賢三『ウィグモア先生について――人格と学識と事業』(『法律時報』第7巻6号所収・1935・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィグモア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィグモアの関連情報

関連キーワード

グリュクスボー朝グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンエルギン小松小太郎

他サービスで検索

「ウィグモア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.