Rakuten infoseek

辞書

イヴァノヴォの岩窟教会群【イヴァノヴォのがんくつきょうかいぐん】

世界遺産詳解

イヴァノヴォのがんくつきょうかいぐん【イヴァノヴォの岩窟教会群】
1979年に登録されたブルガリアの世界遺産(文化遺産)で、同国第5の都市、ルセの南方に位置する。13世紀に、後のブルガリア正教会総主教ヨアキムが、ルセンスキー・ロム川沿いにそびえる高さ32mの岩をくりぬいて教会を建てた。この岩窟教会はブルガリアを代表する聖地となったが、14世紀のオスマン帝国の侵攻で漸次衰退した。「ユダの裏切り」などを描いた13~14世紀にかけてのフレスコ画が教会群の5つの教会に保存されている。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はRock-Hewn Churches of Ivanovo

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヴァノヴォの岩窟教会群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イヴァノヴォの岩窟教会群の関連情報

関連キーワード

近藤芳美五木寛之ミハルコフ・コンチャロフスキー荒川洋治金壽根セントビンセント・グレナディーン諸島改革・開放ベイユキリバス富岡多恵子

他サービスで検索

「イヴァノヴォの岩窟教会群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.