Rakuten infoseek

辞書

インパクトレンチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インパクトレンチ
impact wrench
ボルト,ナットなどのねじ類を打撃回転力を用いて能率よく,確実に締めつけたり,ゆるめたりするための作業工具であり,圧縮空気作動型と電動作動型とがある。前者のほうが一般的であり,圧縮空気で駆動されるロータに直結されたハンマで,衝撃的にソケット (ボルト頭部やナット) 部を回転させる構造になっている。締めつけトルクの抑制装置がないと,正確,均一に締めつけることができないので,ラチェットトーションバーとストップバルブを備えたトルクコントロール・インパクトレンチがよく用いられる。ソケット部が一般のねじ回しの形をしたものをインパクトドライバという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インパクト‐レンチ(impact wrench)
電気や圧縮空気などを用いて、回転と同時に打撃を加えるレンチ。回転させるだけよりも大きな力をかけることができる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インパクトレンチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インパクトレンチの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.