Rakuten infoseek

辞書

インド語派【インドゴハ】

デジタル大辞泉

インド‐ごは【インド語派】
インド‐ヨーロッパ語族の一語派。主としてインドで使用され、古代のサンスクリット語、中世のプラークリット語パーリ語、近代のヒンディー語などを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

インドごは【インド語派 Indic】
インド・ヨーロッパ語族の一語派。この語派は前10世紀をさかのぼると推定される《リグ・ベーダ》から現代のインド・アーリヤ諸語に至る長い歴史と膨大な量の文献をもち,この語族の比較研究にもっとも重要な位置を占めている。その古層であるベーダ語は,隣接するイラン語派のもっとも古い文献である《アベスター》の言語とあらゆる点で類似が著しいので,このインド,イランの両語派は先史時代に一つのまとまりをなしていたと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

インドごは【インド語派】
インド-ヨーロッパ語族の一語派。古代インドのベーダ語・サンスクリット語から中期のプラークリット諸語へとつながり、現在はヒンディー語・ウルドゥー語・ベンガル語などインドを中心に分布している諸言語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

インドごは【インド語派】
インドヨーロッパ語族の一語派。この語派の最古層にあるベーダ語イラン語派アベスタ語と近縁で、両派の話し手がアーリア人と自称していたことから、インドアーリア語派とも呼ばれる。歴史的には、複雑な屈折語であるベーダ語が規範化されたサンスクリット、民衆の言葉として広がったプラークリット諸語(アショーカ王の碑文(ひぶん)、パーリ語などとして残る)などをへて、現在では、各国の公用語であるヒンディー語(インド)、ウルドゥー語(パキスタン)、ネパール語(ネパール)、ベンガル語バングラデシュ)、シンハラ語(スリランカ)をはじめ、パンジャーブ語グジャラート語、カシミール語、ビハール語、アッサム語など多くの言語に分かれ、南部をのぞくインド亜大陸全域に分布している。ヨーロッパ各地で話されるロマーニ語もこの語派に属する。◇インドアーリア語派ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インド語派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インド語派の関連情報

他サービスで検索

「インド語派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.