Rakuten infoseek

辞書

インドボダイジュ【いんどぼだいじゅ】

世界大百科事典 第2版

いんどぼだいじゅ【インドボダイジュ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

インドボダイジュ
いんどぼだいじゅ / 印度菩提樹
[学]Ficus religiosa L.
クワ科(APG分類:クワ科)の常緑樹。テンジクボダイジュ天竺菩提樹)ともいう。インド、スリランカ原産。葉は革質で表面は滑らか、長い柄があり、先端が細長く伸びて尾状になる。イチジクのような隠花果がつき、径1.5センチメートルほどで暗紫色に熟す。日本へは明治中期に渡来し、観葉植物として温室で栽培される。寒さにやや強く、4℃から零下1℃でも越冬する。繁殖は挿木による。釈迦(しゃか)がこの樹の下で悟りを得たことで名高い。なお、普通にボダイジュ(ドイツ語名リンデンバウム)とよんでいるものは本種とは別であり、中国原産のシナノキ科(APG分類:アオイ科)の落葉樹、およびこれと近縁種との雑種である。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドボダイジュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インドボダイジュの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.