Rakuten infoseek

辞書

インディオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インディオ
Indio
アメリカ合衆国,カリフォルニア州南部のコロラド砂漠北端にある都市。周囲はコチェラ渓谷で,北西にパームスプリングの町,南東にソルトン湖がある。初めサザン・パシフィック鉄道によって,インディアンの村のそばに創設された町で,インディアンの「井戸」と呼ばれて入植が始った。柑橘類やブドウ,野菜,ワタなどが栽培され,1949年からはオールアメリカン運河から水を与えられるようになった。 60年頃より工業化が進められ,電気器具,冷蔵庫などの製造工業が発展。ジャンニニ応用科学研究所やヨシュアツリー国立記念物がある。人口3万 6793 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インディオ
ラテンアメリカインディアン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インディオ(〈スペイン〉indio)
中南米諸国のアメリカ先住民をさしていう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

インディオ
イタリア、デルタ社の筆記具の商品名。「インディジナスピープル コレクション」シリーズ。2006年発売。南米のインディオをイメージ。万年筆とボールペンがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

インディオ【indio】
コロンブスが新大陸に到着したとき,彼はインディアスに着いたと考え,その先住民をインディオとよんだ。以来,インディオはラテン・アメリカに住む先住民族を指す言葉となり,そのうちに社会的な分類の概念ともなった。1960年代から,この用語には差別的ニュアンスが含まれていると判断され,インディヘナindígenaという語が新たに用いられるようになった。インディオ(インディヘナ)は外来の白色系の人間の対極をなし,その中間に各種のメスティソ(混血)が配列される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

インディオ【indio】
中部アメリカ・南アメリカの先住民の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インディオ
いんでぃお
Indio
スペイン語、ポルトガル語でアメリカ大陸の先住民をさす名称。英語ではインディアンIndianである。インド人と区別するためアメリンディオAmerindio(スペイン語)、アメリカ・インディアンAmerican Indiansという名称を用いる場合もある。日本では、北アメリカ先住民をインディアン、中央・南アメリカ先住民をインディオと区別して使う場合が多い。これらの名称が生まれた原因は、コロンブスがアメリカ大陸に到達したとき、そこをインディアス(当時は東アジア全体をさした)と誤解したことにある。アメリカ大陸の先住民は、インディアスの住民=インディオとよばれることとなった。
 征服当時のインディオの子孫であり、移住者と混血していないアメリカ大陸の住人を、現在ではインディオとよぶのだが、一般的にはメスティソmestizo(スペイン語)、中央アメリカではラディノladino(スペイン語)、南アメリカのアンデス地方ではチョロcholo(スペイン語)またはミスティmistiとよばれる混血と、インディオとの区別は、生物学的に混血しているかという人種区分とはかならずしも一致しない。たとえば中央アンデスでは、実際には混血していなくてもインディオ固有の生活様式を捨ててしまい、従来の居住地から移動した者はもはやインディオではなく、チョロやミスティとよばれるようになる。実際の混血の有無よりも、外来の文化に同化しているか否かという点のほうが、インディオとチョロ、ミスティを分ける決定的基準としてより重要である。
 インディオという用語にはしばしば価値判断が含まれている。アマゾンの先住民に対してときどき使われ、野蛮人を意味するバルバロbarbaro(スペイン語)やサルバヘsalvaje(スペイン語)よりはよいかもしれないが、インディオにもしばしば侮蔑(ぶべつ)的な響きが付きまとう。文化の遅れている者という意味合いが込められているのであり、相手に面と向かってインディオとよぶことは非常な侮辱となる場合がある。このような価値判断を避けるために、都市に住んでないという意味でカンペシーノcampesino(スペイン語)、旧来の住人という意味でインディヘナindgena(スペイン語)またはナティーボnativo(スペイン語)とよぶことが多くなった。メキシコのようにインディオの民族意識の高まっている所では、インディオである誇りを前面に出す場合もあるが、自らがインディオであることを隠そうとする場合もあり、インディオと国家社会の関係は大きな問題であり続けている。[木村秀雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

インディオ
〘名〙 (Indio) 中部および南アメリカ(ラテンアメリカ諸国)の先住民。→アメリカ‐インディアン

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インディオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インディオの関連情報

他サービスで検索

「インディオ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.