Rakuten infoseek

辞書

インターチェンジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インターチェンジ
interchange
自動車を円滑に走行させるため,高速道路 (または自動車専用道路) と高速道路,あるいは高速道路と一般道路を立体交差させ,交差する道路相互間を連絡路 (ランプと呼ぶ) によって接続する施設。交差する道路本線とランプの平面的・立体的な組合せにより,ロータリー型,ダイヤモンド型,クローバーリーフ型,トランペット型,Y型,誘導型などの型式がある。実際には,道路の種類,交通量,付近の地形条件などに応じて型式の選定が行われる。高速道路でのインターチェンジの間隔は,おおよそ,都市周辺で5~10km,平地で 15~20km,山地部では 20~25km。また,有料道路で料金徴収所 tollgateを必要とする場合には,インターチェンジに設けられることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インターチェンジ(interchange)
高速道路などと普通道路とを結ぶ立体交差式の出入り口用道路。インター。IC

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

インターチェンジ【interchange】
道路施設の一つで,複数の道路を相互に連絡するための連結路(ランプ)をもつ立体交差部分。道路上で交差,分岐,合流する交通を能率よく安全に走行させるための施設で,一般には高速道路の出入口の呼称として知られているが,一般道路相互の交差,接続部であっても,立体交差し,連結路をもっていればインターチェンジである。高速道路が相互に交差,接続するときも,機能的にはインターチェンジであるが,一般道路への出入口と区別するため,日本の都市間高速道路では,これをジャンクションjunctionと呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

インターチェンジ【interchange】
複数の道路を相互に連絡するための連結路(ランプ)を備えた立体交差部分。走行する自動車が交錯しないように設計される。 IC 。 高速道路どうしの場合はジャンクションともいう
一般に、高速道路の出入り口の称。 都市高速道路の出入り口はランプともいう
交換すること。入れ替わること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インターチェンジ
いんたーちぇんじ
interchange
道路の交差部が立体になっていて、直進する自動車や右折・左折する自動車が交錯することなく、円滑に進めるように連絡路(ランプramp)で結ばれているもの。交通量の多い主要道路や高速道路では、他の道路との交差点が平面交差になっている場合、混雑して交通が渋滞したり、多くの事故が発生する原因となる。とくに高速道路では、平面交差は致命的な欠陥となるため、交差点はすべて立体交差とし、交差部の数箇所に自動車の出入りのできるランプを設けている。したがって高速道路にあるインターチェンジは、一般的に自動車の出入口という味に考えられているが、インターチェンジの主要部分は、そこに交差する各道路本線とそれを互いに連結するランプである。
 交差する道路本線とランプを種々組み合わせることにより、各種のインターチェンジ形式が生じる。インターチェンジの形式は、道路の種類、重要度、交通量、地形条件、用地事情など多くの条件によって定まるものであって、実際にはいろいろな形式とその変形が用いられている。三枝交差部におけるインターチェンジの形式には、トランペット形とY形とがある。四枝交差部(十字交差部)ではダイヤモンド形、クローバリーフ形、不完全クローバリーフ形、ダブルトランペット形、および直結形(ダイレクショナル形)がある。5本以上の道路が交差している多枝交差の箇所にインターチェンジを設けることは、立体交差構造物をいたずらに増やす結果となり、交通流を複雑にさせるだけである。したがって通常は交差箇所を分散させて、1箇所の交差部には4本以上の道路が集中しないようにすべきである。インターチェンジでは自動車の出入りにより本線またはランプで自動車が交錯して流れが乱されないようにし、なるべく短い距離で出入りできるような線形にするのが理想である。このために用地が広く必要となり、構造物の数が増加することになり、建設費がかさむのが問題である。[吉川和広・小林潔司]
 有料道路のインターチェンジには料金所が設置される場合が多いが、料金所には係員が発券、料金の徴収などを行うブース、あるいはETC(ノンストップ自動料金収受システム)などにより自動的に発券・料金徴収を行うブースが設けられている。2005年(平成17)より、高速自動車国道の有効活用や、地域生活の充実、地域経済の活性化を推進するため建設・管理コストの削減が可能なスマートインターチェンジ(ETC専用インターチェンジ)が導入された。スマートインターチェンジは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップから乗り降りができるよう、そうした場所に設置されたインターチェンジであり、通行可能な車両を、ETC機器を搭載した車両に限定している。[小林潔司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

インター‐チェンジ
〘名〙 (interchange)
① 入れ替わること。また、交換すること。
② 高速道路などの立体式交差点。一つの路線から他の路線に進入する場合に、平面的な交差をしないように造られている。日本では特に、高速道路の出入り口、およびその施設の意に用いられる。インター。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インターチェンジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インターチェンジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.