Rakuten infoseek

辞書

インキュナブラ

大辞林 第三版

インキュナブラ【incunabula】
(「揺籃ようらん」の意)ヨーロッパにおいて金属活字の発明以後、1500年までの活版印刷術の幼年期に出版された活字本。揺籃期本。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんきゅなぶら【インキュナブラ】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

図書館情報学用語辞典

インキュナブラ
15世紀(厳密には活版印刷術の発明された1450年代から1500年12月31日までの間)にヨーロッパで刊行された活字本の総称.揺籃期本,初期刊本ともいう.写本の字体を模倣した活字が使われ,紙のほか獣皮紙も使用され,さらに写本のような彩色をほどこすこともあった.語源は,ゆりかごを意味するラテン語cunabulaで,印刷本の意味を表すようになったのは18世紀後半になってからである.インキュナブラの総合的な目録としてはドイツのGesamtkatalog der Wiegendruckeがある.これは1925年に編纂が開始されたが,第二次大戦で中断された後,1978年になって刊行が再開された.この目録によれば,インキュナブラの総数は約4万と推定され,その4分の3はラテン語の著作である.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インキュナブラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インキュナブラの関連情報

他サービスで検索

「インキュナブラ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.