Rakuten infoseek

辞書

イワン

デジタル大辞泉

イワン(Ivan)
(1世)[?~1340]キプチャク‐ハン国支配時代のロシアのモスクワ公、ウラジーミル大公。在位1325~1340。ハン国に取り入り、多くの新領土をモスクワ公国に加えた。
(3世)[1440~1505]モスクワ大公。在位1462~1505。ロシア全土をほぼ統一。ロシア法典を編纂し、初めて「ツァーリ」の称号を用いた。イワン大帝。
(4世)[1530~1584]初代ロシア皇帝。在位1533~1584。の孫。君主専制権を強化し、周辺地の征服を宿願とした。外国から学者や技術者を招き、モスクワに初めて印刷所を設けるなど文化的業績も多い。残忍・狂暴なところから、イワン雷帝ともいわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

イワン【Ivan】
(三世)1440~1505 モスクワ大公(在位1462~1505)。モスクワを中心としたロシア統一を達成。ビザンツ帝国の後継者を任じ、ギリシャ正教を擁護。
(四世)1530~1584 モスクワ大公(在位1533~1584)。通称、イワン雷帝。の孫。1547年、初めて正式にツァーリを呼称。専制を強化し貴族を弾圧、雷帝と呼ばれる。カザン・アストラハン両汗国を併合し領土を拡大。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イワン
(Ivan) ロシア皇帝の名。
[一] (三世) 一四六二年モスクワ大公となり、全ロシアを統一し、初めてツァーリ(皇帝)を呼称。ロシア最初の法典編纂に当たる。在位一四六二‐一五〇五。イワン大帝。(一四四〇‐一五〇五
[二] (四世) イワン三世の孫。士族、大商人層の支持のもとに君主の専制権を強化した。在位一五三三‐八四。イワン雷帝。(一五三〇‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イワン

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イワンの関連情報

関連キーワード

スッピルリウマバルデマー[4世]興国バルデマー(4世)百年戦争ボッカチオ工部尚書工部侍郎工部郎中少府丞

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.