Rakuten infoseek

辞書

イワガキ【いわがき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

イワガキ
いわがき / 岩牡蠣
[学]Crassostrea nippona
軟体動物門二枚貝綱イタボガキ科の二枚貝。大形のカキで、陸奥(むつ)湾以南、九州までに分布。潮間帯下の岩礁に左殻で固着する。殻長は20センチメートルに達し、殻は厚く大形であるが、肉量は少ない。右殻は膨らみが弱く、殻表は檜皮(ひわだ)状で黄褐色の殻皮をかぶる。卵生種であり、地方によってはクツガキなどとよばれ、食用にされる。[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワガキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イワガキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.