Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

イヨカン

栄養・生化学辞典

イヨカン
 [Citrus iyo]ムクロジ目ミカン科ミカン属の柑橘類果実の一つ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イヨカン
いよかん / 伊予柑
[学]Citrus iyo hort. ex Tanaka
柑橘類(かんきつるい)の一種。山口県阿武(あぶ)郡東分(ひがしぶん)村(現萩(はぎ)市)で発見、穴戸蜜柑(あなどみかん)として世に紹介された。1883年(明治16)ころ、一説では1889年愛媛県に伝わり、イヨカンとして名をあげた。果実は不正球形ないし短卵形、約250グラム、果皮は橙(だいだい)色で厚さ約8ミリメートル、種子は1果中に約10個。甘味、酸味が適度に調和している。1~2月に採果、貯蔵し、4月出荷する。ナツミカンより低温でも栽培可能である。[飯塚宗夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヨカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イヨカンの関連情報

関連キーワード

伊予柑キンコウジ伊予銀行伊予鉄道伊香保切り絵美術館伊予(市)ウンシュウミカンオレンジカボスキシュウミカン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.