Rakuten infoseek

辞書

イミダゾール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イミダゾール
imidazole
1, 3-ジアゾールともいう。化学式 C3H4N2柱状晶,融点 90~91℃。イミダゾールの誘導体にはヒスチジンヒスタミンなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イミダゾール【imidazole】
5員環複素環式化合物で,1,3‐ジアゾール,グリオキサリンともいう。1858年にグリオキサールとアンモニアとの反応によって得られた。誘導体は1799年にすでに見いだされていた。結晶性のよい固体で,融点91℃,沸点257℃。塩基性で,塩基解離指数pKb=7.05(25℃)で,異性体のピラゾールより強く,酸と結晶性の塩をつくる。水,アルコール,エーテルクロロホルムによく溶けるが,ベンゼン石油エーテルに溶けにくい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イミダゾール
いみだぞーる
imidazole
環内に窒素原子二つを含む複素環式化合物の一つ。1,3-ジアゾールの別名をもつ。グリオキサールホルムアルデヒドアンモニアを反応させると生成する。
 無色の結晶で強い塩基性を示す。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルによく溶けるほか、酸に溶けて塩を生成する。コバルト()イオンと反応して青紫色の沈殿を生ずるので、コバルトの検出試薬となる。混酸(硝酸と硫酸の混合物)によりニトロ化すると4-ニトロイミダゾールを生成する。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

イミダゾール
イミダゾール
imidazole

glyoxaline,1,3-diazole.C3H4N2(68.08).グリオキサリンともいう.グリオキサールホルマリンとアンモニアとを作用させると得られる.無色の結晶.融点90 ℃,沸点257 ℃.水および多くの有機溶媒に可溶.弱塩基性でイミノ基の水素は金属で置換される.誘導体には,ヒスタミン,ヒスチジン,ピロカルピンアルカロイドなどがある.LD50 1880 mg/kg(マウス,経口).[CAS 288-32-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イミダゾール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イミダゾールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.