Rakuten infoseek

辞書

イノベータ理論

マーケティング用語集

イノベータ理論
消費者を製品購入態度により5つに分類する考え方。革新者・早期採用者・前期多数採用者・後期多数採用者・採用遅滞者の5つ。
5つの採用者の比率は、革新者(2.5%)・早期採用者(13.5%)・前期多数採用者(34%)・後期多数採用者(34%)・採用遅滞者(16%)と定義されます。これら5つのグループはそれぞれ独自の価値観から行動し、製品やサービスの採用を行います。図からもわかるとおり、多くの消費者は多数の消費者が新しい製品やサービスを試した後から行動を起こします。企業が新しい製品やサービスを市場に投入するにあたり、革新者と早期採用者の特性を調査し、ここに絞ったマーケティングを展開してゆくことが事情に重要な課題といえます。

出典:(株)マインズ

イノベータ理論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イノベータ理論の関連情報

他サービスで検索

「イノベータ理論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.