Rakuten infoseek

辞書

イヌリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イヌリン
inulin
植物の貯蔵用多糖類一種で,ダリア塊根キクイモ塊茎など,キク科の植物に見出される。発芽の際にデンプンとともにエネルギー源とされる。水にけ,アルコールに溶けない。デンプンと異なってヨウ素では着色しない。また,イヌリンはフルクトース重合体であり,フルクトースは甘味が強いので,加水分解してショ糖の代用に利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イヌリン(〈ドイツ〉Inulin)
多糖類の一。キクイモ・ダリア・ゴボウなどの貯蔵物質として含まれる。酸か酵素加水分解すると果糖になる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

イヌリン
 キクイモなどに含まれるβ-2,1-フルクタンで,可溶性だが不消化性.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イヌリン【inulin】
おもにキク科植物(ダリアの塊根,アザミの根など)の細胞原形質中に見いだされる貯蔵多糖。D‐フルクトースがβ‐1,2結合によって直鎖状に結合したもの。イヌラーゼにより分解されて主としてD‐フルクトースが生成する。温水に溶け,ヨウ素反応は示さず,酸水解を受けやすい。また,腎臓糸球体の浄化能(クリアランス)を測定するための医薬として使われている。【柳田 充弘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

イヌリン【Inulin】
ダリアやキクイモなど、主としてキク科の植物の根や地下茎に貯蔵された多糖類。化学式(C6H10O5n  白色の粉末で、水に溶ける。果糖の分子が約三〇個直鎖状につながったもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イヌリン
いぬりん
inulin
貯蔵多糖類の一種で、おもにキク科植物(キクイモの塊茎、ダリアの塊根、アザミの根など)に存在する。ダリアの球根の乾燥重量の約4割はイヌリンで、その割合は季節によって若干変動があり、早春にもっとも含有量が高い。球根をすりつぶして熱水で抽出し、その液を冷やすと、イヌリンの沈殿が得られる。白色、無味の球状結晶で、比較的水に溶けやすい。植物体内ではデンプンと同様に、エネルギーを蓄える役目をもつと考えられている。1804年にオグルマの根茎からすでにみいだされており、研究の歴史は古い。イヌリンの構造は、フルクトース(果糖)がβ(ベータ)-12-結合で20~40個重合し、フルクトース鎖の還元末端に1個のグルコースがショ糖と同様にα(アルファ)-11-結合でつながっている。分子量は約5000。酸とともに加熱するか、イヌラーゼという酵素を作用させると、加水分解して全部フルクトースとなる。たとえば、pH1で37℃の場合、数時間で80%程度分解され、D-フルクトースと少糖類を生ずるが、pH3ではほとんど分解されない。
 イヌリンは無害で、生体に投与すると血管壁を自由に通過して細胞外液中に拡散するが、細胞膜は通過できないので、細胞外液量を測定するのに適した物質である。また、腎臓(じんぞう)の糸球体濾過(ろか)能力の試験にも利用される。
 なお、動物にはイヌリンを加水分解するイヌラーゼ(イヌリナーゼ)があるので、イヌリンを含むキク科植物などは飼料になるが、人体にはこの酵素がないので、加水分解されず、前述のように試薬として使われる。[村松 喬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イヌリン
〘名〙 (Inulin) 多糖類の一種。キクイモ、ダリア、ゴボウなどキク科植物の根に多く含まれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

イヌリン
イヌリン
inulin

β-2,1-fructan.キク科,アヤメ科,ラン科,ユリ科植物の根茎,ある種の海産緑藻や連鎖球菌の細胞に含まれる貯蔵多糖.構造はフルクトフラノースが直鎖状にβ-(2→1)結合している.少量のD-グルコースを含み,30~35個のフルクトフラノース残基の直鎖の末端に結合している.白色の球状晶.-30~-50°(水).熱水に易溶,冷水,エタノールに難溶.なお,イネ科の葉や茎にあるレバンは,D-フルクトースが(2→6)結合しているフルクタンの一種である.[CAS 9005-80-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヌリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イヌリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.