Rakuten infoseek

辞書

イソフラボン

デジタル大辞泉

イソフラボン(isoflavone)
フラボノイドの一。大豆などに多く含まれる。体内でエストロゲン(発情ホルモン)に似たはたらきをする。→ファイトエストロゲン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

イソフラボン
 C15H10O2 (mw222.24).

 誘導体が配糖体としてマメ科の植物などに広く分布.例えばダイゼイン,ゲニステインなど.イソフラボンのほかにイソフラバノン,イソフラバンロテノイドなどの骨格をもつ一群の化合物をイソフラボノイド(isoflavonoid)という.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

イソフラボン【isoflavone】
ポリフェノールの一種。体内で女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用をもつ色素成分。大豆、きな粉、納豆、豆腐、油揚げ、味噌など、主に大豆製品に多く含まれる。骨の代謝に深く関与し、骨量の保持や増加作用をもつほか、女性ホルモンの激減の緩和、血中アルコール値の低下、中性脂肪値・血圧値の正常化作用、動脈硬化など生活習慣病の予防・改善などに効果がある。◇「植物由来のエストロゲン」とも呼ばれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

イソフラボン【isoflavon】
ダイズなどマメ科の植物などに含まれる物質。化学構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、穏やかなエストロゲン様作用を示す。 → エストロゲン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソフラボン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イソフラボンの関連情報

他サービスで検索

「イソフラボン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.