Rakuten infoseek

辞書

イソアワモチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イソアワモチ
Oncidium verruculatum
軟体動物門腹足綱イソアワモチ科。体長 5cmぐらいになり,外観はウミウシに似るが,系統的にはマイマイ類に近い有肺類の仲間である。和名は,体の外形粟餅に見立ててつけられた。殻はない。背面はふくらみ,灰青色で大小多くの突起があり,大きい突起には背眼がある。頭には1対の触角があり,その先端に眼があるが,眼を引込めることはできない。体の後方には枝分れした鰓突起がある。また体の後端には空気を出し入れする気孔があり,下面には平たい大きな足がある。房総半島以南の潮間帯岩礁にすみ,海藻を食べる。夏季産卵し,水中で越冬する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イソアワモチ
いそあわもち / 磯粟餅
[学]Onchidium verruculatum
軟体動物門腹足綱イソアワモチ科の動物。房総半島以南の潮間帯の潮上帯付近の岩礁上にすむ。外観は背の膨らんだウミウシ状であるが、ウミウシ類のような頭部触角や外鰓(がいさい)はない。体長50ミリメートルぐらいになり、背には大小の突起があって、大きい突起には背眼があり、後方の突起は枝分れする。この背中のようすから粟餅に見立てられる。頭部には1対の触角があり、その先端に目がある点は有肺亜綱の柄眼(へいがん)類に似ている。成長に伴って脱皮をするのも軟体動物では特異な類である。夏季に産卵し、冬季は水中で過ごし海藻を食べる。かつては有肺類に分類されていたが、現在では後鰓(こうさい)亜綱中の収眼目に入れられている。[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソアワモチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イソアワモチの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.