Rakuten infoseek

辞書

イズロン酸

栄養・生化学辞典

イズロン酸
 C6H10O7 (mw194.14).

 ヘパリンヘパラン硫酸コンドロイチン硫酸などのムコ多糖の構成成分として存在.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

イズロン酸
イズロンサン
iduronic acid

C6H10O7(194.14).イドースウロン酸L-イズロン酸はコンドロイチン硫酸Bの構成成分として天然に存在する.融点131~132 ℃.+37→+33°(水).D-イズロン酸は-32°(水).L-イズロン酸2-硫酸はムコ多糖のヘパリン,ヘパラン硫酸,デルマタン硫酸の構成成分として,これらのムコ多糖の血液の流動性の維持や脂血清澄作用に関与しているとみられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イズロン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イズロン酸の関連情報

関連キーワード

ガラクツロン酸グルクロン酸マンヌロン酸アミノ馬尿酸カフェインフェルラ酸ガラクツロン酸グルクロン酸D-ガラクツロン酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.